いたずらじいさん、今日も行く

♪オレはチワワのヨボなのさ~/散歩とごはんが大好きで~/お風呂と留守番キライだよ♪♪  「ヨボのテーマ」、みんなで歌ってね!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏に雪遊びだなんて

2009-08-19-Wed-12:57
 スッピンでサングラスもかけずにスーパーでビールを買おうとしたら、年齢を聞かれたので、「残念ながら3●歳です」と答えたら「本当!?」とか言われて、「あなたは若く見えすぎるから、次からは証明書を持ってきたほうが良い」みたいなことを言われたアナキョンジャです、こんにちは。いや、次からはサングラスをしていきますよ。


さて、

登山鉄道

スイス旅行の2日目です。

前回の記事にも書きましたが、スイスに関する知識もなく、下調べもほとんどしておらず、今回の旅は友人一家の計画に乗っただけですので、かろうじて天気予報だけはチェックしていましたが、それとて2~3年前のデータを元に、気温はだいたいこんなもんかなぁ、なんて感じだったので、まさかこれから標高3000m超のところへ行くなど、思ってもいませんでした。


・・・て。



標高3000m超?




富士山みたいな?




寒くね?




空気、薄くね?




私、大丈夫?



スイスの車窓から

という、私の心の中など知ったこっちゃない、って感じで、ヨボ(チワワ)と私たちを乗せた登山鉄道は走り出しました。オヨヨ。悔しいけど、車窓から見える朝のグリンデルバルトの村はきれいじゃないか。


登ってきた

走り出して直に、箱根登山鉄道のようにスイッチバックをして、その後しばらく乗ったらユングフラウ鉄道に乗り換えて、そこからぐんぐん山を登っていきます。聞けば、全行程1時間半くらいのうち、4分の3はトンネルの中だとか。車窓からの景色を楽しむのも今のうちです。

途中、2回の停車駅があるのですが、そこで5分ほど時間があるそうなので、外の景色を眺めることができるとか。どんな景色が待っているのかなぁ。

最初の停車駅が近づいて、電車内のモニターには、「停車時間は5分。外の気温は3℃」と出ました。

3℃!!

慌てて、ありったけの服を着ます。

で、最初の停車駅アイガーバント(Eigerwand)で降り、展望台から外を見ましたら、


雪ー!!

雪なんですけどー!!


っていうか、寒いんですけどー!!


しかし、すでに標高2800m。急いで電車に戻ったりしたら息が上がってしまうと思ったので、そろりそろりと車内に戻ります。オヨヨ。ここからさらに登るんだよね。


終点

次の停車駅アイスメアー(Eismeer)でも、5分の猶予があって、一面に広がる氷の海が見られるのですが、もう、ちらっと見て、すぐに電車に引き返しました。

そして終点のユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)駅に到着したころには、裸族のヨボと薄着の私で、「チーム☆薄着」とか言って、変なテンションになっておりました。


標高3000m

しかし電車を降りて外に出ると、なんと美しい! 空の色が濃い! 風もなくて日差しもあるので、思ったより寒くはありません。きれいだねー、ヨボ。

と、足元のヨボを見ますと、

聞いてないよー

アップロードファイル「氷の上とか、聞いてないよー!」

だよね。ごめん、ごめん。


ということで、

回収

アップロードファイル「ふぅ、ひどい目に遭った」

すぐに回収しました。


空が濃い

それにしても、すばらしい景色です。こんな景色を、たいした苦労もなく見られるなんて、いや、それなりに苦労はしましたけど、登山家の苦労に比べたらたいしたことないですよね。ありがたいことです。


集合写真

みんなで記念写真。

観光客の人も世界各国から来ているみたいで、いろんな国の言葉が聞こえましたよ。韓国語が多かったかな。


スフィンクス

氷の宮殿(Eispalast)の中を歩いて、氷の世界を体験したあと、108mを一気に上がるリフトで標高3573mのスフィンクス(Sphinx)にたどり着きました。

日本の八ヶ岳や南アルプスを見ても、どれが何と言う山か分からない私。スイスのアルプスに居てもそれは同じで、どれがユングフラウヨッホなのか、どれがアイガーなのか、はたまたどれが世界遺産の氷河なのか分からず、とにかく「すごいー! ごいすー!」の連発です。もったいない、っちゃぁ、もったいない。

しかし、さすがに標高3500mは私にはレベルが高くて、心なしかクラクラしてきましたので、スフィンクスは早々に下り、次のお楽しみへ移動します。


雪原チワワ

氷の上で文句を言い、ここまでずっとキャリーの中にいたヨボも、ふわふわの雪の上に降り立つと、のびのびとしていました。他にもわんこが何匹かいたので、挨拶したり喧嘩を売ったりしていましたよ。


スノーディスク

友人のご主人と家の者はスキーをしに行ってしまったので、残った私たちはスノーディスクというソリ遊びをしました。

はじめ、ヨボが居るので私は無理かなぁと思ったのですが、意外といけるかも、と思いましたので、片手でディスクを持ち、片手でヨボを抱えて「きゃぁ~♪」と滑り降りてみました。途中、壁に当たったりしましたけど、やたら楽しい。しかしヨボはそれどころではなく、オヨヨっとなって、止まるや否や雪の上に長いシッコをしていました。標高3000mの雪の上でシッコをする薄茶ブロンドチワワ。かっこいいぞ。


夏スキー

その後、友人のところのユイちゃんは犬ぞりを楽しみ、家の者はスノボも楽しみ、私たち主婦組は、異国での生活の苦労などを語り合い、それぞれに充実した時間を過ごしました。


クライネシャイデック

雪の世界を満喫した我々は、再びユングフラウ鉄道に乗って山を降り、しかしお腹も空いてきたので途中のクライネ・シャイデック(Kleine Scheidegg)でお昼ご飯を食べることにしました。

てことで、長くなったので、今日はここまで。






高山病にならなかったよ!→人気ブログランキング
ブンデス
きょんこさん作バナー)



◆副ブログ『ヨボメシ!』

COMMENT



2009-08-19-Wed-20:56
今日はコンビニで白くまアイスが売り切れでショックだったんですけど、この雪山の写真で機嫌が直りました♪ヨボちゃんはソリ怖かったんですかねぇ(笑)

2009-08-19-Wed-23:23
昨日、その3000m越えのうわさの富士山にいましたよ。
酸素薄い、寒い・・・とんでもないところでした。
ちなみに頂上での朝は長袖シャツにTシャツ、カーディガン、ジャンパー、ウインドブレイカーを着ても寒かったです。
それを思うとすばらしき薄着・・・
ヨボさんなんて全裸ですものね。
驚愕です。

富士山にもケーブルカーがあれば・・・こんな筋肉痛には・・・

2009-08-20-Thu-00:04
雪~!
スイスで雪山~~!
スイスのイメージそのもの~~!
貴重な体験をたくさんする三ヶ月ですね~!!
ヨボっちはどう思ってるのかな~?
八ヶ岳か?とか思ってるかな~?
でも水の味とか空気のニホヒとか違って何か感じてるんでしょうね~☆
犬と話せたら聞いてみたいことがたくさん!
ヨボっちには、「日本とドイツの犬に違いはあった?」とか「標高が高いと犬も耳がキーンとなるの?」とか…。

アジア人って幼く見えるって言いますけど、
アナさんはお肌がピチピチだから余計に幼くみえるんでしょうね~!

2009-08-20-Thu-00:11
3000メートルでシッコ。。。。。。

だいぶ男前な排泄行為デスね(笑)

2009-08-20-Thu-00:29
(*'o'*)スゴ~イ♪ 電車に乗って3000メートル! 登山鉄道て素晴らしい♪♪

ヨボちゃんは急に寒くなって、ますます被毛がフッサ~となったりしてますかね?? 1日位ぢゃ変化なしですか?

2009-08-20-Thu-01:35
リアル「世界の車窓から」ですね~。
スイスは私が行きたい国№1なので、ものすんごくうらやましいです。
登山鉄道乗りたいー!
アルプス山脈見たいー!
ラクレット食べたいー!

管理人のみ閲覧できます

2009-08-20-Thu-02:27
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-08-20-Thu-13:50
お久しぶりです。
ドイツに降り立ったと思ったら
あっという間にスイス、標高3000m!
ヨボさん小さな身体で頑張ってますね。
「世界ヨボボン滞在記」?(笑

2009-08-20-Thu-15:20
かつてここで、興奮のあまり早く外の景色を見ようと小走りになった私に
「走っちゃダメ!」と注意してくれた人がいました。
感謝感謝、一生忘れられません。
あと、雪山ではサングラスが必需品だということも学びました。
ヨボさん頑張ったね~
お疲れ様でした!

2009-08-20-Thu-16:50
拝見させていただきました。
応援クリック!

2009-08-23-Sun-08:22
ユングラウヨッホの鉄道って凄いよね?
どーやってこんな高い場所までレールを敷いて作ったんだろうって感心させられた想い出がある。
氷河が温暖化で減ってきているって聞いて少し哀しかったかな、、、

コメントを投稿する

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。