いたずらじいさん、今日も行く

♪オレはチワワのヨボなのさ~/散歩とごはんが大好きで~/お風呂と留守番キライだよ♪♪  「ヨボのテーマ」、みんなで歌ってね!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈島旅日記9~さらば八丈

2008-08-20-Wed-14:39
 ベランダの溝に落ちているセミの抜け殻(裏返ってる)をどうしてくれようかと思案中のアナキョンジャです、こんにちは。手が届きそうな届かないような。


さて、

底土港

楽しかった八丈島での日々も、いよいよ終わりを迎えようとしています。レンタカーを返し、そこからワゴン車で港まで送っていただいたら、私たちが乗る船(かめりあ丸だったか、さるびあ丸だったか)がもう到着していましたよ。海も穏やかで、帰りの船旅も快適なものになりそうですね。



最後のシッコ

ヨボ(チワワ)も島に最後のシッコをかけて、カバンに入ります。

アップロードファイル「八丈島にも、いっぱいオレの印をつけたぞ」



八丈太鼓

竹芝桟橋を出航するときには特にイベントはありませんでしたが、八丈島の底土港では、島の人が八丈太鼓を叩いて見送ってくれました。

八丈太鼓も、やはり流人文化の一つで、八丈島に流されてきた人達が、故郷を思って太鼓を叩いたのが始まりだとか、そうでないとか、むにゃむにゃ…。観光ツアーに紛れれば、どこかで説明を聞けたかもしれないですね。←ずるい党。



見送られる

来たときと同じように、2等船室の指定された場所に荷物を置いたら、デッキに上がって離岸の様子を見守ります。

学生時代に父島を訪れたときは、帰りの船を見送る人はたくさん居て、人だけでなく、漁船もたくさん併走したり、なんとイルカまで一緒に泳いでくれたんですが、八丈島での見送りの風景は、なんともわびしいですね。しかも、船では「蛍の光」が流れているんですよ。そこがまた良いんですけどね。

てな様子を、動画でごらんください。制服を着た警視庁の人(ああ、ここも東京都なんですね)も手を振ってくれてますよ。音はちょっとうるさいです。




デッキもわりと、閑散としてますね。



八丈の海

結局私は、海で泳いだり潜ったりしませんでしたので、八丈島の海がこんな色をしていたというのは、帰りに初めて知ったわけで、次に来たときは、ちょいと潜ってみようかな、と思ったりしました。



島影

遠くなっていく八丈島と八丈小島。

他にも、まだまだ見ていない場所はたくさんあります。八丈太鼓が聞けるという「服部屋敷」は、前を車で何度も通ったのですが、そのたびに2人して「服部屋敷…」と看板を読み上げるばかりでしたし、初日に道が分からず、あと一歩のところでたどり着けなかった「ふるさと村」も、何があるのかよく知りませんがやけに気になります。

もちろん、今回果たせなかった八丈富士の登頂とお鉢めぐりもリベンジしたいですし、TEPCO地熱館というところも何やらすごそうなんですよね。それに、流人第一号の宇喜多秀家のお墓には実はお参りできていませんし、昔、流人たちが島を脱出しようと試みた「抜け舟の場」というのも、うまく見つけられませんでした。

飛行機なら羽田から45分で来られる八丈島ではありますが、私は飛行機がニガテだし、ヨボも一緒ってことを考えるとやっぱり船旅。そして、ゆっくり回ることを考えると1週間は欲しい。そうすると時間もお金も必要だわね、ってことで、次に訪れるのはしばらく先になりそうです。



尻尾あーげてー

あまり揺れなくても船の上だってことが分かるのか、しっぽが垂れ下がるヨボ。

そうそう、ヨボとの旅行で、5泊以上したのは、今回が初めてでした。ちょうど4年前のオリンピックの頃、キャンプ&貸し別荘で4泊の旅行をしたときは、慣れないテント生活や、うねうね曲がる山道に参ってしまったのか、吐いたりゴハンを食べなくなったりしたんですよね。

今回は、ヨボの体調も気遣いつつ、なるべくストレスのかからないように心がけてみましたら、食欲もUNKOもばっちりの日々を過ごせました。楽しんでいたかどうかは知りませんけどね。



島の余韻

そんな振り返りや、次回への課題を語りながら、最後もやっぱりスーパーあさぬまで買っておいた島寿司や「ねり(島オクラ)」の和え物などをいただきましたよ。

帰りは昼間の航海なので、デッキにいることも多かったです。暑くなって船室に戻り、冷房で寒くなったのでまたデッキに出たりカップラーメンを食べたり、また船室に戻って流人に関する本を読んだり。

飛行機や電車で12時間というのはかなり辛そうですが、船旅の良いところは、外の空気を吸ったり、あちこち動き回ったりできるところですよね。時化てなければ、の話ですけど。



もうすぐ三浦半島

そんなこんなでそろそろ夕暮れ時。デッキに出てみたら、海に夕日が沈むところでした。船もすでに東京湾に差し掛かり、右手には房総半島が見えていました。

あー、帰って来たんだなぁと思いましたが、ここからがまた長いんですね。東京湾内は船がたくさん行き交いますので、速度を相当落として進むそうなのです。

おかげで、明日の準備というか、帰ってからの心構えのようなものも整えられましたよ。日常に戻るのは確かにイヤだなーっとも思いますけど、島で過ごしたみたいに、1つ1つ自分のペースでこなしていけば良いんじゃないかなー、とか。やることをシンプルにしていけば、中途半端で自己嫌悪に陥ったりしないんじゃないかなー、とかとか。

まだまだ話は尽きませんが、竹芝に到着しますので、八丈島の旅行の話はひとまずおしまい。



バンガロー・Cooにて

と、いうのはウソで、次回もしつこく、八丈島の話ですよー。

アップロードファイル「G-1グランプリとか、いつやるのー」

ふふふ。



八丈島話で10回も続くとは思わなかったよ。人気ブログランキング
謝謝
きょんこさん作バナー)



飽きないねぇ。ブログ村。
にほんブログ村 犬ブログへ 



◆今日も煮込み→『ヨボメシ!』

COMMENT



2008-08-20-Wed-17:17
こんな時間に更新されてるーーー!!
帰りに島中が見送ってくれているような雰囲気いいな~。
こうした島時間が流れているところは心から落ち着くのでしょうね。

大人になってからの1週間のお休みってなかなか取れないですよね。
いい思い出になってよかったですね(^^)
いつも思いますがアナさんって下調べの濃さが
半端じゃないですよね。
勉強家がこんなところにも表れてますね~。

2008-08-20-Wed-19:07
いいですね、八丈島。
東京都のオアシス。島流しの暗いイメージも払拭。
ココはありですね。八丈島!

2008-08-20-Wed-20:45
う”~~~ん、2泊じゃ『見切れない&食べ切れない』ですねぇ。。。
もっと狭い島なのかと思ってたら、意外と大きいんだぁ。
情報が多くなればなるほど、いろいろ行きたくなっちゃって
困りもんですわ、、、。

2008-08-20-Wed-23:06
旅日記も、もう9回目なんですね。すごい!
こんなに内容の濃い旅なのに、まだ見てない場所があるんですねー。
八丈島、行ってみたいです。i-228

2008-08-21-Thu-00:12
次回作も楽しみにしてます♪(ノ゜O゜)ノよー♪

2008-08-21-Thu-04:52
はじめまして。 いつも読み逃げてましたv-30

母が八丈出身なので、今回とうとう我慢出来なくなり、初コメです。
いまも親戚多数住んでおり、八丈には度々訪れてますが、知らない所ばかりのレポートで、勉強になりました。
まさか八丈に「カフェ」があるとは!!
そんな限定弁当があったの?外食もした事が無いかも・・・。
次回の為、いとこに連絡!!
トッッッテも楽しみになりました。


こんなに楽しそうなレポートされたら、やっぱり親善大使に任命ですよv-218

次回も期待。

2008-08-21-Thu-11:31
充実した旅ですね♪気になる『服部屋敷』に『ふるさと村』はさておき(笑)

やっぱり帰りの船もアルコール注入なんですね(≧▽≦)
船酒に島寿司+ねりとヨボサマ思わず笑いがこぼれちゃいました。そしてニンマリ。

2008-08-21-Thu-13:35
船酔いは酒酔いでカバー・・・・・・
そんな私デス(ー”-;)
(ちなみに飛行機もアウトですが・・・・爆)

2008-08-21-Thu-13:58
素晴らしい時間をすごされましたね(アナさん家の者さんがゆったりしているのですからヨボくんも同じですね)

まるで私もいってきたような旅日記です。
まだまだこの先どんまことがあったのか楽しみにしています。

せみのぬけがら...狩猟民族の私は木についているもの
全て獲り集めてしまいたくなります...(汗)

コメントを投稿する

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。