いたずらじいさん、今日も行く

♪オレはチワワのヨボなのさ~/散歩とごはんが大好きで~/お風呂と留守番キライだよ♪♪  「ヨボのテーマ」、みんなで歌ってね!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈島旅日記7~体力のっ、限界

2008-08-18-Mon-21:19
 今日、私の両親が渋谷でご飯を食べていたら、隣に座っていたご婦人方が『ヨボ本』を持っていたので、話しかけてみたらばなんと、私が以前働いていたところの人だった!というなんとも世間って狭いよね、と思ったアナキョンジャです、こんにちは。よぼぼん~。


それはさておき、八丈島の話なんですけど、

登山口では元気

八丈島旅行で、家の者が一番やりたかったことは、八丈富士に登って、お鉢めぐりをすることでした。彼は学生時代に山登りをしていたので慣れたものでしょうけど、私とヨボ(チワワ)はヘタレなので、お手柔らかにってことで、暑くなる前に登山口まで車でやってきました。ここからえっちらおっちら50分くらいかけて頂上まで登り、そのあとはぐるり火口付近を歩くのです。

前日はゆったりと過ごしましたし、おにぎりや明日葉茶も持ったし、50分の山登りに、私もヨボも(?)気合十分です。



杖置き場

登り口のところには、竹や木の枝などが置いてありましたよ。杖として使ってくださいっていう配慮なんですね。助かります。

てことで、午前8時、頂上目指して出発です!

山道はアップダウンもなく、ただひたすら登るだけの石段なので、5分登っただけで息が切れました。ヨボも、自分の鼻の位置くらいにある石段を、全身を使ってジャンプしながら登るので、足取りも重くなりがちです。そんなヨボを気遣いつつ、なんとか15分弱、頑張りました。



最初の休憩

やー、眺めは良いけど、しんどい、しんどい。そういえば、まだ朝ごはんを食べていなかったよ、ってなわけで、前日スーパーあさぬまで買っておいたおにぎりをいただきましたら、これがうまい! 明日葉茶もゴクゴクと飲んでしまいそうですが、まだまだ先は長いし、どうせ頂上にも自販機とかないんだろうから、控えめに飲んでおこう、と思ったのがその後の不幸を招いたのかもしれません。

ここで10分ほど休憩して、また歩き出したのですが、今度は3分くらい登っただけで、もう休みたくなってしまい、それでもあと2分、って歩いたのですが、腕には玉のような汗(資生堂アネッサ入り)がびっしりと浮いていて、帽子の中もTシャツの中も汗だくです。髪などは、あなた夕立にでも遭いましたかってくらい汗が滴っていて、やー、人ってこんなに汗をかくもんなんだなー、なんて思いました。

八丈富士は、えーと、ちょっと勉強不足なんですけど、とにかく、高い木がないのです。潅木ばかり。つまり、日陰がないのです。もちろん私は帽子をかぶり、さらにタオルで首などをガードしていましたが、いっそ日傘を持ってくれば良かったと思えるくらい、日陰がありません。

この頃はヨボももう歩かなくなってしまい、仕方がないので家の者が抱っこしながら進み、私は汗だけでなく呼吸もちっとも収まらなくて、朝ごはんを食べてからたったの20分後、腰を下ろして休むことにしました。

しかし、運動をしていた人って休んだときに、熱中症の症状が出るらしいですね。私はみるみる、唇がすぼまっていくような感覚を覚え、顔中がしびれるというか小刻みに震えていくのを感じました。見た目には何の変化もなかったようですが、そのしびれみたいなケイレンは、次第に首筋から胸のほうに広がっていって、「あ、これはヤバイかな?」と、思いました。

ヨボにも水を与えなきゃ、と思ったり、とりあえず、ここで休憩しましたよ、っていう写真を撮らなきゃなーとは思ったのですが、もう、そんな余裕はなく、頭の中には「八丈町立病院にて、点滴」という言葉が思い浮かんでいました。

休んでいたら、下から上がってきた登山客の方が「ここが一番きついんですよ。あと少しですよ」と声をかけてくださいましたが、道の先を見ても頂上らしきものは臨めませんし、単に疲れたとかではないので無理は禁物だろうってことで、山を下りる決断を致しました。やー、家の者だけでも頂上に行けば、って話も出ましたが、さすがにこんな私とへろへろのヨボを置いてはいけないよってことで、一緒に下山です。



下りの眺め

下り始めてもまだ体のしびれみたいなものは残っていましたが、目の前に見える景色がずっと良いので、気分的にはだいぶ楽でした。

休んでいたあの場所から本当に頂上が見えていたら、休み休みでも進めたかもしれませんね。何事も、見通しの良い希望って大切なんだと思いました。



八丈小島

ってことで、登山口まで無事に戻り、私の体力も戻ったところで、今度は車で山の周りを一周することにしました。八丈富士の中腹辺りの道は「鉢巻道路」と言って、ぐるりと一周できるようになっているんですね。

途中、見晴らし台があって、そこから八丈小島がよく見えましたよ。う~ん、幻想的。無人島だからっていう先入観だけでなく、砂浜や船着場のない感じや、周りの潮の流れなんかが、人を寄せ付けない雰囲気を出しているというか、まさに「絶海の孤島」。でもちょっと、行ってみたくなりました。



タフないの字とヘタレなヨボ

八丈島も、この季節は釣りやダイビングなどで訪れる人は多いようですが、島の先端まで来る人はあまり居なくて、こんな絶景ポイントなのに、誰とも会いませんでした。そういうところも好きだなぁ。



あしたばソフト

といって、人恋しくなったわけではないんですが、「ふれあい牧場」に来てみましたよ。島のジャージー牛乳から作られた「あしたばソフト」をいただきます。ソフトクリームって言っても、その場でうねうねって出てくるアイスじゃなくて、よくコンビニとかで売ってある、固まったソフトクリームです。素朴。



吊り上げられるジャージー牛

八丈島に酪農の歴史があったというのも、今回初めて知りました。牧場って、なんとなく八ヶ岳とか那須とか、涼しい高原でやるイメージがあったものですから。

そういえば島には八丈牛乳というのがあって、温泉に入った後とかに飲んでいたのですが、低温殺菌だからなのか、美味しいんですよね。



滑走路

牧場からは飛行場が見えました。島のくびれた部分を目一杯使って滑走路が敷かれています。ちょうど羽田行きのジェット機が飛び立ったり、青ヶ島や御蔵島などを回るヘリコプター「愛らんどシャトル」が離陸する場面にも遭遇しました。


飛行機の代わりに蝶なんかが映っていますが、牧場からの眺めを動画でどうぞ。適当にテロップを入れたら、安っぽい観光ビデオみたいになりましたよ。





登れなかった八丈富士

そういえば、おにぎりがあと1つずつ残っていたね、ってことで、朝ごはんの続きをいただきに、駐車場へ戻ります。朝の10時半でこの疲労感と充実感。日常生活では考えられません。えへへ。


この日はこの後も盛りだくさんだったので、次回に続きます~。




八丈島話、本当にいつまで続くんだろうね。人気ブログランキング
 
きょんこさん作バナー)



未だに島時間だから。ブログ村。
にほんブログ村 犬ブログへ 



◆モロとモロでモロモロ→『ヨボメシ!』 


COMMENT



2008-08-18-Mon-21:39
よ、よかったぁ~。アナさん戻ってきて(こっちの世界に)。
熱中症は命に関わるものなので大事にならなくてよかった。
炎天下はかなり体力消耗しますからね~。
いの字さんが優しい人でよかったです。
無理してでも連れて行かれるような人だったらと思うと…怖

ヨボ本…世の中狭いですね~。
私が予約してた本屋さんに後日行ってみたら
当時予約本しかなかったヨボ本が本棚に並んでました!
本棚に普通に置いてあるんじゃなくて平積みだったんですよ~!
いやぁうれしかったですね~。

2008-08-18-Mon-23:35
熱中症あぶなかったですね(>_<)何事もなくてよかったー
汗をかくときは水やお茶じゃなくてスポーツドリンクなんかが1番いいとTVでやってましたよ。ミネラル?塩分?を補給するのがいいそうですo(^-^)o
八丈島話し楽しいです♪行ったような気分になれて♪
続き楽しみにしてます♪

お返事有り難うございました。

2008-08-18-Mon-23:42
チャコのママです。 ブログ、携帯より拝見してます。 写真が、とても綺麗ですね。 ヨボママさん熱中症危なかったですね。 ヨボ様もお疲れ様でした(^^ゞ

2008-08-19-Tue-00:08
う、牛が・・・・・・(ー”-;)

UFOに連れ去られるシーンと思わずダブらせたくなるくらいに
衝撃的写真デス

2008-08-19-Tue-05:49
八丈島って、ホンッと、いいですね。
『島酒の碑』は、ブッシュ大統領と、彼ににつながり、金儲けをたくらんでいるすべての政治屋&官僚&経済人に見せたいところです。
 アナ様は文武両道。リベンジは晩秋のころがよろしいかと…。   
     (海と、天の様子しだいですが)
 いの字様は、「海の男、山も征す」加山雄三という感じ。
          昭和ネタならお任せをの  ウランパ

2008-08-19-Tue-09:44
熱中症大丈夫でしたか?!オヨヨ・・。

完全防備でも水分補給しないとだめですよっ・・・っていま言っても遅いか・・オヨヨ・・・。

ヨボくんもバテなくて良かったです☆

2008-08-19-Tue-10:24
アナキョンジャ様の熱中症事件に驚きました。ご無事で何よりです。
…が、牛の宙吊りにもビックリです。そりゃ、牛もちびっちゃいますよ。私が牛なら失神するかもです。
八丈島の牛のご先祖も、ご苦労されたのですねぇ。

いの字様に抱かれていうヨボさんのお顔が「いや、さっきの登山は大変だったのよ、ホント。」と言っていそうに見えるのは、私の気のせいですよね。

島ワールド

2008-08-19-Tue-11:12
凄い絶景ですね(≧▽≦)

しかし、熱中症とは…トホホですね。
ビバ!!火口!!ならず(*u_u)トホホ
無事下山できてなによりです♪

島の話は楽しいですょ♪アナキョンジャサン曰わく安っぽい観光ビデオ(笑)アレ好きです(≧▽≦)

2008-08-19-Tue-16:19
「九死に一生、無事生還!」 本当に良かったです~。
頂上が見えていて、無理をしたら、そのまま・・・v-12
回復したあとの「あしたばソフト」は、美味しかったことでしょう。
ヨボちゃんも、頑張りましたね。

千代の富士の引退会見

2008-08-19-Tue-21:00
のセリフですよね、「体力のっ、限界!」。
いやいや、そんなこと言ってる場合じゃなくて、無事生還されてよかったです。
初コメですが、他の方が突っ込んでなかったのでこれだけは言わなくちゃと…。失礼しましたっ。
八丈島、緑と青がキレイでとってもいいところですね、アナさんの旅行記楽しんでます。

そうですっ!!

2008-08-19-Tue-22:51
取り急ぎ、

★ろこ。さん
気づいてくださってありがとうございます!!
有名なセリフですよね。なのに、誰も突っ込んでくれなくて、寂しかったのです。
家の者も「知らない」と言っていました。
何を隠そう、私はウルフのファンでした。

コメントを投稿する

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。