いたずらじいさん、今日も行く

♪オレはチワワのヨボなのさ~/散歩とごはんが大好きで~/お風呂と留守番キライだよ♪♪  「ヨボのテーマ」、みんなで歌ってね!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーン旅行記3

2009-11-18-Wed-13:31
 昨日の記事のKaiserschmarrn(カイザーなんとか)ですが、日本語では「カイザーシュマーレン」と言うのが一般的みたいですね。もとはオーストリアのお菓子で、皇帝フランツ・ヨーゼフも好んで食べていたとか。今では、Gulasch(グラーシュ)の素みたいに、カイザーシュマーレンの素も売られているみたいですよ。なんだ、そんなことなら、ドイツで買ってくれば良かった。きっとドイツでも売られていただろうし。と、後悔しているアナキョンジャです、こんにちは。


ということで、

トラムとヤグ

オーストリアの首都、ウィーン旅行記の続きです。←え。

ウィーンには週末を利用して2泊3日で行ったのですが、最終日の様子をまだブログに書いてなかったなぁ、と思いましたので、今更ですが、まとめようと思います。
その1はコチラ。その2はコチラ

しかし、ヨボ(チワワ)の写真が無いんですよね。デジカメのSDカードの調子が悪くて、何枚かに1枚は「無効な画像」ってなっちゃってて、たいがいそれがヨボの写真だったりして。ヨボよ、許せ。


老舗パン屋さん

ホテルをチェックアウトしたら、荷物を駅のコインロッカーに預けまして、老舗のパン屋さんへ向かいます。パリの写真家・パンダさんのブログに載っていたお店で、朝ご飯におススメ、ってあったので、その通りにしました。


朝ごはん

こじんまりした店内に、小さなテーブルがあって、そこで買ったばかりのパンとコーヒーをいただきます。

常連さんらしいおばあちゃんも隣で朝ごはんを召し上がっていて、ヨボのほうを見ては「まぁ、かわいいわねぇ。小さいわねぇ」とずっと仰っていました。お店のおばさんも終始にこにこ顔。

ヨボはみんなを笑顔にするねぇ、なんて思って店内を見渡したら「オレたち、外で待ってるよ」的な、犬のステッカーが。つまり、わんこNGのお店だったのでした。でも、カバンに入ったヨボは、犬ではなく、カバンとみなされたようなので、まぁ、良いのかな、と。


ナッシュマルクト

それから、Naschmarkt(ナッシュマルクト)という市場に行ってみました。ここは、家の者が働いていたお城のヨッヘンというドイツ人に「Don't miss it!」と言われた場所で、実はヨッヘンからはウィーン初日のナイスなお庭のあるカフェも勧められたので、期待して行ったのですが…。

うーん。市場なら、ミュンヘンのVictualienmarkt(ヴィクトゥアリエンマルクト)のほうが面白いかな、というのが正直な感想(←ミュンヘンびいき)。

まぁ、生鮮食品を買って帰るわけにはいかないし、「出前一丁」も売られていたけど、それはミュンヘンでも買えるし、ってことで、欲しいものが無かった故の感想だと思います。


白シュトゥルム

でも、Sturm(シュトゥルム:発酵途中のワイン)が飲めるカフェがあったので、そこで一休み。うーん、美味しい。

そうだ、マルクトでSturmが売られてるかもしれないから、探してみよう。

ってことで、市場を歩きましたら、大阪弁の上手なお兄ちゃんが売り子のワイン屋さんがあったので、何種類か試飲させてもらって、一番美味しかった赤のSturmを買いました。


赤シュトゥルム

これが、そのSturm。ふたがしてあるように見えますが、単にアルミがかぶせてあるだけなので、傾けたりしたら大変なことになります。こうやって、デリケートなお土産を手に、ミュンヘンへ帰ります。


と、その前に、ウィーンで気になったこと。

おじさんも「むぅ」

これは地下鉄の中ですが、ミュンヘンに比べて、表示というかステッカーが多いな、と思いました。

トラムの中も同じような感じでしたが、自転車はこの時間は電車に乗せちゃいけないとか、ここは優先席だ、とか、犬はリードをつけて口輪をはめて、とか。


犬の皆さんへ

こんな感じ。

あと、宮殿のお庭などは、犬を連れて入ってはいけないそうで、まぁ、東京よりは犬の入れる場所は多いんですけど、ミュンヘンよりは自由さが少ないかな、と思いました。

「自由というのは責任が伴っていて、云々」という話は、中学や高校の先生がよくお説教するものですが、利用者の自由にさせるのって、自主性に任せることだから、管理する側としては、何かルールを決めたいんでしょうね。

東京の新しい施設とかでも、犬はここは良いけど、ここから先は駄目、とか、ここは犬はふた付きのカバンに入れなきゃいけないけど、ここは顔を出しても良い、みたいに分けられてあって、それはそれで利用する側も「ああ、そうなんだ」って思えるので楽ですが、でも、それじゃぁ、自主性が育たないんじゃないかな、とか、まぁ、ウィーンやパリみたいに、いろいろな国の人がたくさん住んでいたり、旅行者の多い都市では、「自主性」なんて言っていたら、大変なことになっちゃうんでしょうけど、つまり、ヨボと一緒に出かけられる場所が狭められていくのはイヤだな、と、要はそこなんですけどね。


と、ここでぼやいてても仕方ないことをだらだらと書いたところで、帰りのOEBB(エーベーベー:オーストリアの鉄道)ですよ。

オーストリア鉄道の1等車

帰りも1等車でしたので、ジュースとスナックのサービスはありましたが、それだけじゃ物足りん!

てことで、Gulasch(グラーシュ)でお昼ご飯。本当なら食堂車に行くところを、注文すれば座席まで運んでくれるようなので、持ってきてもらっちゃいました。パンも温かくて、美味しかったですよ。

ウィーンからミュンヘンまでは約5時間。まぁ、そんなに遠くないよね、っと思える感覚が、今となっては懐かしい。


夜ごはん

家に着いたら、早速Sturmをいただきます。買い置きしておいたパンとチーズか何かだけの、簡単ご飯でしたが、Sturm、美味しい~。


プチプチ

3~4日前だかに摘んだばかりのブドウだそうで(確かそう話していた)、これから美味しいワインになっておくれ、と思いながら、美味しくいただきました。


ミュンヘン滞在中のヨーロッパ旅行記も、これにておしまい。飛行機嫌いで海外嫌い(でも、外国語は好き)の私が、こんなにあちこち行けたのは、ヨーロッパは陸路で移動ができることと、いろんな国のヨボを見てみたい、と思ったことと、あとは家の者が頑張ってくれたおかげでしょうね。いろんなことに感謝しつつ、次回からはまたミュンヘンの思ひ出など。






だんだん記憶が薄れてきてるよ→人気ブログランキング
食べる
きょんこさん作バナー)



ドイツのお隣、エスターライヒ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ




◆副ブログ『ヨボメシ!』:ドイツ語付き



COMMENT



2009-11-19-Thu-00:24
うーむ、見慣れぬステッカーばかりデスね。
あまり杓子定規に定めなくとも・・・・と
思ってしまうのは私だけですかねぇ(ーw-;)

2009-11-19-Thu-13:31
カイザーシュマーレン、レシピを調べました!
近々つくってみようと思います。
ただ、すんごい高カロリー的な材料でございました。
夜な夜な作るのはキケンかもしれません・・・
牛乳買ってこなければ。

出前一丁、香港でも売ってました。
どこの国まで進出してるんでしょう・・・むむむ。
すごいなぁ。

「オレたち外で待ってるよ的ステッカー」は、2足で立ったドーベルマン的なわんこが親指を立ててコッチみたいに言ってるっていうのを想像しました。

Re: タイトルなし

2009-11-20-Fri-00:00
> あまり杓子定規に定めなくとも・・・・と
> 思ってしまうのは私だけですかねぇ(ーw-;)

いやいや、ホント。私も同感ですよ。

Re: タイトルなし

2009-11-20-Fri-00:02
> ただ、すんごい高カロリー的な材料でございました。
> 夜な夜な作るのはキケンかもしれません・・・

カロリーが高いものに限って、美味しいんだから、仕方ないですよね。
ぜひ、夜な夜な作ってください 笑

> 「オレたち外で待ってるよ的ステッカー」は、2足で立ったドーベルマン的なわんこが親指を立ててコッチみたいに言ってるっていうのを想像しました。

「親指立てて」を「中指立てて」と読んでしまい、どんな不良なドーベルマンだ、と思ってしまいました 笑

コメントを投稿する

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。