いたずらじいさん、今日も行く

♪オレはチワワのヨボなのさ~/散歩とごはんが大好きで~/お風呂と留守番キライだよ♪♪  「ヨボのテーマ」、みんなで歌ってね!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラフラ記その5~おのぼりさんが行く

2009-11-03-Tue-01:37
 冷凍しようと思って小分けにしたご飯の粗熱を取っている間につい忘れ、そのまま朝まで放置しておくことの多いアナキョンジャです、こんにちは。夏じゃないから、いっか。


さて、

メトロ

「フラフラ記」の、確かその5です。今日はパリを観光しますよー。

まずはメトロ(地下鉄)。パリのメトロって、まだ電車が完全に止まってないのにドアを開けられるんですね。我先にドアを開けようとするのは、ミュンヘンでもよく見る光景ですが(電車は半自動ドアなので、自分でボタンを押したりレバーを引いたりして開ける)、パリの人は電車が動いているのに降りたりするので、せっかちなのかなぁ、と思いました。


パリのカフェ

そんなメトロに乗って向かったのは、モンマルトルの丘のふもとにあるカフェです。通された席からは、サクレ・クール寺院がよく見えます。

あ、写真ではよく見えない。


サクレ・クール

こちらです。

私は二日酔い気味ではありましたが、美味しいクロワッサンとカフェオレでシャキッと目を覚まし、そうこうしているうちに、昨夜再会したポーランド人のAnnaがやってきました。

それから、前日というか、この日の夜中にイギリスからパリに到着したという友人一家も合流しました。友人一家とは、スイスで会って以来、約2ヶ月ぶりの再会です。この前は暑かったのに、今日は寒いねー、とかなんとか話しながら、Annaを紹介して、それでは7人+1匹で参りましょうか。


モンマルトルの丘

まずは、モンマルトルの丘を一気に駆け上がり…、はしないで、だらだらとおしゃべりしながら上がります。それでも息が上がる私ですが、上りきったら、ほほう、良い眺め。

後で聞いた話だと、パリは市の外側に高いビルとかを配置しているんだそうで、それでニョキニョキとしたビルが遠くにしか見えないんですね。


パリっぽい

なんか、こういうの、パリっぽいなぁ(イメージ)。


団体さん

この日のパリ観光は大人数で動いたので、ことあるごとに立ち止まっては、地図やガイドブックを広げて、「今ここに居るから、何番のメトロじゃない?」とか言い合います。まさに「おのぼりさん」。でもだんだん開き直ってきましたよ。だって仕方ないもん。


塔

いったん解散して別行動。

ここは、なんだっけ。なんか有名な塔のところ。


セーヌ川

セーヌ川。

私たちは、買い物をするでもなく、ただセーヌ川沿いをぷらぷらと散歩していましたら、途中で急に土砂降りの雨が降ってきました。傘を差しても足元がびしょ濡れになるほどでしたので、パリの人がそうするように、橋の袂や木陰に避難して雨が止むのを待ちました。


また降る?

ミュンヘンでもこういう夕立はよくあって、何度か雨宿りをしたこともありましたが、雨宿りをする心の余裕を、日本に帰って来てからも持ちたいなぁと思ったりします。


おーシャンゼリゼ

雨も上がって、また全員がそろいましたので、お昼にしましょう。

ここはシャンゼリゼ通り。おー、シャンゼリゼー、のシャンゼリゼ通りですよ。そして向こうに見えるのが凱旋門。へぇ、こういう位置関係なんだ、とそのときは思いました。でも、今はもういろいろ忘れています。


肉と芋

ジョルジュサンクのカフェで、なんだかよく分からなかったので、ステーキと芋を頼んじゃいました。肉と芋は、ミュンヘンでもいっぱい食べてるっていうのに。でも、芋が美味しかった。洗練された感じ。


エッフェル塔

お昼を食べたら、次はエッフェル塔です。東京タワーより少しだけ低いそうですが、周りの建物が低いので、とても高く見えます。

考えてみたら、ミュンヘンでAnnaと写真を撮っていなかったので、こんなところですが、記念にパチリ。Wアナです。

アップロードファイル「オレも居るよー」


寝ますー

そんなオレが、カバンの中で寝る体勢を作りましたよ。ということは、あれですね。


バトビュス

バトビュスという水上バスに乗って、セーヌ川を遊覧します。高いほうの遊覧船ではなく、敢えて安いほうをチョイスする私たち。なぜなら、パリって物価が高いんですね。カフェのビールとか、ドイツの3~4倍くらいして、嘘かと思いましたもん。てことで、なんとなく、お財布の紐もきつくなりがちなパリ観光です。

でも、バトビュスのおかげで、オルセー美術館とか、ノートルダム寺院とか、パリの有名どころを外から眺められました。私は、いかにも「観光!」っていう感じのは、あまり好きじゃなかったんですけど、ヨーロッパなんて滅多に行けるところじゃないし、初めての街はこういうツアー的なものを使うほうが効率良いのかも、と思うようになりました。


やる気

バトビュスを降りたら、ルーブル美術館の庭を歩きましょう。ヨボも久しぶりの芝生なので、眼光鋭くやる気満々です。


まぶしい

と思ったら、砂地の部分が多くて、これは、ヨボがというより、私たちがオヨヨだなぁ、という。


なぜか。


肉球スタンプ

肉球スタンプを付けられちゃうからです。トトンと付けておいたの。


散歩コース

でも、こんな素敵な散歩コースで走り回るわんこたち、楽しそうでしたよ。


鳩

夜は、『写真家の犬』のパンダさんに教えてもらった鍋料理のお店「Les Cocottes」へ行きました。Annaはちょっと風邪っぽいと言い、友人一家は、ちょうどパリで開催されていたフィギュアスケートの試合を見に行くと言うので、私たちだけで。これは家の者が頼んだ鳩。ジビエですね~。


オレもひとり席

隣のテーブルは南米各地から来ていたグループだったので、ヨボがスペイン語が分かるんですよ、とか、そういう話で盛り上がりました。

ドイツに滞在するって言うんで、ドイツ語の勉強をしていた私ですが、実際は英語はもちろん、スペイン語を話す人も結構居て、こんなことならスペイン語の復習もしておくんだった、と思ったりした次第です。


光るエッフェル

振り返ると、この日はものすごい駆け足でパリの名所を回った感がありますが、短い滞在時間ですしね、パリ概説って感じで、こういう旅行も悪くないんじゃないかな、と思いました。






しかしこの日は2万4千歩近く歩きましたさ。
 
きょんこさん作バナー)




ドイツの「ド」の字。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ




◆副ブログ『ヨボメシ!』



COMMENT



いいなぁ…

2009-11-03-Tue-08:18
ブログを見ながら、メトロー!とか、セーヌ!とか、サクレクール!とか大騒ぎしてしまいました。
エッフェル塔のキラキライルミネーションはご覧になりましたか?
また見たいなぁ…。

2009-11-03-Tue-09:21
セーヌ川!やっと知ってる名前が出てきた!
観光地以外に見所は満載ってことですよね。
すごいなぁ、パリ。

コチラのブログに刺激されて、次の旅行はどこへ行こう。
パリかな?ロンドン?もしかしてスイス♪なんてヨーロッパ方面に思いを馳せていたのですが、現実は5日しか休みが取れず結局は香港です。
愛犬は実家で留守番です。
ちなみにワタシも地図は見ない派です。
いつかはたどり着く、それでいいのです。

たりらーらりらーたりらーなんーとかかーんとかシャンゼリゼ♪
知ってるってうれしい!

2009-11-03-Tue-10:55
パリだー!
雨宿りという言葉、最近ではめっきり聞かないし使わないですね。
でもそういう心の余裕と時間の余裕がやっぱり欲しいです。

アナさん、食べ物の写真撮るのもお上手だなーって、ドイツの時も
思ってました。おいしそう♪

2009-11-03-Tue-22:39
パリって、おしゃれしないといけないような
気がしちゃいます!!
ドイツと違って気取っているようなイメージです
~~。
失礼かな?!

ヨボっち、ルーブル美術館にまでお手紙置いて
きましたか?
芸術的な内容でしょうか?笑
でも、ルーブル美術館に足跡を残せるチワワなど
そうそういませんよ!!
グローバルじいさんですね♪♪

2009-11-03-Tue-23:35
肉球スタンプ・・・・・
普通に大歓迎で押されたいのは
私だけでしょうか(^^;)(笑)

2009-11-03-Tue-23:38
おぉ~♪ 巴里~ですね♪
Wアナ(W浅野みたいだ・・・。)の間でちょっとオヨヨ気味のヨボちゃん、ちゃんと発見しましたよ!(笑)

ちなみに私、外では地図見ない派ですが、その前にガッツリ頭に入れとく派ですよ。
なもんで、12年前の一人旅で、パリの街中歩いたルートしっかり覚えてます。
記憶力だけはちょっと自慢♪

おひさしぶりです!

2009-11-04-Wed-02:11
ヨーロッパがとても懐かしいです。
お元気ですか??ヨボくんがパリにいるなんて!!
パリはワタシも何度も足を運びました。
なんだか懐かし写真がたくさんです。

モンマルトルに登った時なんか変な黒人男性に
訳の分からんものを売りつけられそうになったのを
ふっと思い出しました。いらないってきっぱり断ったら
Fucking Japaneseなんて言われたりした・・・

パリ懐かしいなぁ。

コメントを投稿する

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。