いたずらじいさん、今日も行く

♪オレはチワワのヨボなのさ~/散歩とごはんが大好きで~/お風呂と留守番キライだよ♪♪  「ヨボのテーマ」、みんなで歌ってね!

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いミッテンバルト

2011-08-30-Tue-22:06
 リンデロンは持って来れば良かったと、今さらながら思っているアナキョンジャです、こんにちは。耳の中がウェット~。


さて、

ski

昨日の続きです。

ホテルで簡単な朝ごはんを食べた後、電車に乗ってミッテンバルトMittenwaldを目指します。途中、スキーのジャンプ台を発見しましたよ。オリンピックとかこの前のワールドカップをやったところですかね。


shasoukara

車窓からの景色をもう1枚。もっと身を乗り出して撮ればよかったんでしょうけど、カーブに差し掛かるとレールと車輪の音がものすごく大きくて、あと風もびゅーびゅー吹くし、こういう写真って簡単そうに見えて実は大変なんだなぁ、と思いました。でも私がんばった。


mittenwald

ミッテンバルトは、ゲーテが「絵本のような街」と言ったとかで、確かに家々の壁には絵が描かれていて、かわいらしい街でした。

ただ、駅は完全に終わっていて、無人だしコインロッカーも撤去されていたしエレベーターも止まっていたし。仮にも観光地で電車の終点にもなる駅なのにこんなことって、日本ではちょっと考えられないですよね。そこがドイツの面白いところ。

結局、市庁舎のところにある観光案内所でロッカーの場所を尋ねたら、そこで預かってくれることに。Sehr nett!! 親切だなぁ。


lift

身軽になった私たちは、まずリフトに乗りました。一人用の心もとないタイプで、しかも15分間かかるとか。ヨボ(チワワ)は飛び出さないようカバンの中に入れて家の者に持ってもらいました。スピードもゆっくりだし、うーん、ちょっと退屈。でも、すれ違う人と挨拶を交わしたりできて、これはこれで良かったかも。


miorosu

そして、到着したところからの眺めは素晴らしい! ガルミッシュよりも山が近くに見えます。


sunsun

ヨボもそれで良い? 


weissbier

そしてもちろん、白ビール。ここのはグラスもコースターもかわいかった! もちろんビールも美味しかった。


kudaru

お腹が満たされたので、帰りは歩きます。日陰はあったものの、とにかく暑い。そして下り坂が続くので膝に来ちゃって、あまり写真も撮りませんでした。


radler

街まで下りてきて、とにかく暑くて歩けません状態だったので、適当なカフェでラードラーを注文。ビールをレモネードで割ったもので、「自転車乗り」という意味なんですけど、運動して暑くて汗をかいた今飲まなくていつ飲む、って感じで、ごくごく飲んじゃいました。


rathaus

かわいい街を少し歩いて、かわいい市庁舎で荷物を受け取って、帰ることにします。

と、なんだかリフトで上がってお酒飲んで帰ってきただけみたいですけど、街の雰囲気が良かったので意外と楽しかったですよ。バイオリン工房とかまでは行けなかったけど。


atsuiyobo

帰りの電車は、というか今回の旅行はどの電車もエアコンが付いていませんでしたので暑い暑い。窓を開けてなんとか風が来るようにしましたが、ヨボもカバンに入っていられなくて出てきちゃいました。仕方ないので、濡らした手ぬぐいで扇いだり日除けを作ったりしてやりました。通路の向こうのおじさん3人組は、西日が差すのもお構いなしにずっと談笑していましたけど、元気だなぁ。

とにかく暑くてあまり動けなかったけど、それなりに楽しい旅でした。





◆ヨボのドイツ滞在最新情報はツイッターでitazurajiisanをフォローしましょう

◆副ブログ『ヨボメシ!』は、お休み中。






スポンサーサイト

ドイツの最高峰

2011-08-29-Mon-20:16
 うかすかしているうちに、帰国まであと5日ほどになってしまい、お土産をどうパッキングするか悩ましい日々を送っているアナキョンジャです、こんにちは。パズルみたいにスーツケースに詰めてますよ。


さて、

nantokabahn

もう10日近くも前のことですけど、ドイツの最高峰・ツークシュピッツェZugspitzeに登ってきました。もちろん、電車で。

まずは拠点となるガルミッシュ・パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenまで行き、そこから登山鉄道に乗ります。

が、切符売り場がえらく混雑していて、いつまで経っても買えません。見かねた駅員のおばさんが、「バイエルンチケットを持っていて、まだ切符を買えてない人は来て!」と言うので、該当する私達ものこのこ行ったら、バイエルンチケットを見せただけで電車に乗せてくれちゃいました。良いのかな。事前情報によれば、周遊券みたいなのを45ユーロくらいで買わないといけないはずなんだけど。


skigutsu wa dame

ともかく電車に乗り込み、窓際ではありませんでしたが、きれいな景色を眺めながらガタゴトと山を登ります。窓のど真ん中にステッカーを貼るなんてなぁ、とか思いながら 笑


norikae

途中で、みんなが降りるので、なんだなんだと思っていたら、どうやらここで乗り換える模様。親切なお客さんに促されて、私達も無事に乗り換えました。ガイドブックが無くても、なんとかなるもんです。


yuki ga nai

乗り換えた電車はほとんどトンネルの中でしたが、到着したらそこはドイツ最高峰!・・・ではなく、その1つ下のところでした。

それでもすごい景色ー! これで、2600mくらいだったかな。


maibaum

標高3000m近いんだから寒かろうと思ってダウンジャケットを持って行ったんですが、半袖の人もいるくらい暑かった…。悔しいのでとりあえず着てみる私。


furareyobo

ヨボ(チワワ)はヨボで、かわいい子にアピールするも、あっさりふられ…。トホホな私達でしたよ。


mabuiyobo

まぁ、でも、私個人的にはヨボはかっこいいと思っておりますがね。

トップ・オブ・ヨーロッパと、トップ・オブ・ジャーマニーを制したもんね。後は、トップ・オブ・トーブだけだよ。池袋の。あそこがある意味、一番困難な場所だね、ヨボにとっては。


choujou

はてさて、そこからさらにゴンドラで上がると、頂上付近まで行けます。実際の頂上へは、さらに岩場をはしごで登らなくてはいけないみたいですが、まぁ、そこまでしなくて良いや。元・山登ラーの家の者は行ってみたかったようですが、私のお腹が空いたので諦めてもらいました。


biergarten

お昼は、ドイツで一番高いところにあるビアガルテンでいただきます。むひょー! 


weissbier

何はともあれ白ビール。なんか、今回の滞在中は白ビールがすごく美味しく感じるなぁ。前回はヘレスだったんだけど。


mittagessen

鶏肉のクリームソースと、シュペッツレ。これも美味しかった! ソースとシュペッツレが絡まって…。


eibsee

帰りは、ゴンドラでアイプ湖Aibseeまで降り、そこから登山鉄道でガルミッシュの街まで戻ります。


nihongohyouki
なぜか日本語表記だけ。日本人はみんなここで写真を撮るはず 笑

そうそう、気になるチケットの行方ですが、結局、行きはどこにもチケットチェックが無く、そのまま頂上まで行けてしまったので、帰りの片道切符だけで済んでしまいました。いつ検札があるのかヒヤヒヤしていましたが、結果オーライってことで??


garmisch

ホテルからの眺め。2~3日前に急きょ予約した割には、とっても良いホテルでした。テラスも広いし、何より、バスタブがある! やっぱり日本人はバスタブに浸からないとね~。


muedeyobo

「オレは犬なので、バスタブはナインダンケだよ」

日本に帰ったらね。


gulasch

夜は、ホテルの人に教えてもらったバイエルン料理のお店で、牛肉のグラーシュなどを。というか、これで1人分。量が多い 笑
相席になったドイツ人老夫婦との話も弾み、楽しい食事でした。


laterne

ホテルに戻って、カフェで一休み。こういう小さいランタンを買って帰りたいなぁ。

明日に続く。











◆ヨボのドイツ滞在最新情報はツイッターでitazurajiisanをフォローしましょう

◆副ブログ『ヨボメシ!』は、お休み中。






散歩したり塔に登ったり

2011-08-18-Thu-19:35
 近所に大音量でクラシック音楽を流す家があって、おこぼれで良い気分になっているアナキョンジャです、こんにちは。バイエルン音楽じゃなくて良かった。


さて、

sanpo

昨日はとても良いお天気でしたので、お昼前からヨボ(チワワ)を連れて川沿いを散歩しました。気温は28℃くらいかな、日差しも強いんですが、湿気がないので木陰は涼しく、アスファルトの照り返しもないのでヨボも気持ち良さそう・・・、顔は真剣ですけどね。


kawa

うちから20~30分くらい歩いたところ。長閑ですなぁ。ジョギングする人、散歩する人、日焼けする人などがときどき見られます。


zunzun

ヨボがこっちの道が良いというので細い道を選んで歩きます。1本道だから迷わなくて良いね。


hit

しばらく行くとバス通りに出て、行きたかったスーパーの看板を見つけました。このHITは、前回の滞在時にえらく気に入って、今回も行こうと思っていたのですが、駅前の開発の影響なのか移転してしまったのです。

でも相変わらず品揃えは豊富だし、安売りのチラシを見ながらいろいろとお買い物をしてきましたよ。

隣接するペットグッズ屋さんで、ヨボのおやつを少し買い足すなど。日本の犬友だちに何かお土産を、と思ったんですけど、かわいいおもちゃって売ってないんですよね。ビオなおやつも種類が少ないし。


kaerimichi

帰りは違う道を。

一応地図を持っていきましたが、迷うことなく行って帰って2時間くらいのお散歩でした。よく歩いたー。


matsu

家に着いて七面鳥を茹でたりしていたら、家の者が帰ってきましたよ。七面鳥も気になるけどいの字も気になるヨボは玄関で立ったままお出迎え。お行儀悪いね。


demukae

ま、日本に居るときより早く帰ってくるから嬉しいんだね。


donadona

準備ができたら、自転車に乗ってお出かけです。ドナドナみたいだよ、ヨボ。


peter

向かった先は、マリエン広場にある聖ペーター教会。この塔に登るとミュンヘンの街を一望できるそうなのです。


semai

せまい階段をずんずん登ったら…、


wunderschoen

わー! 高ーい! 

そしてちょうど17時だったので、新市庁舎の鐘が鳴って仕掛け時計が動くのが見えました。ブンダバー!


kowai

しかし、通路が狭くて柵が結構スカスカなので、足がすくみましたよ。おー、こわ。高所恐怖症で無くてもドキドキしちゃいます。


bier

その後は、ちょっと買い物をして、ヴィクトアリエン市場にあるビアガルテンで一休み。一応、ハーフサイズ(500ml)のほうを選びました。トイレの心配もありますんでね。


puten umashi!

ヨボには茹でた七面鳥を持ってきました。同じテーブルのドイツ人が家族写真を撮ってくれたんですが、ヨボ、カメラを見なさい、カメラを。

「むはー!」

七面鳥なんて日本じゃ高くてそうそう買えませんが、こちらでは1kgあたり700円くらいで売られているので、ここぞとばかり。


oyasumi

夜はうちの近所のイタリアンなビアガルテンでワインを飲むなど。ヨボもお疲れさん。


◆おまけ

ドミニクが日本に来ていたときの写真が、マメゾーのブログに(今頃w)アップされましたよ。→こちら






◆ヨボのドイツ滞在最新情報はツイッターでitazurajiisanをフォローしましょう

◆副ブログ『ヨボメシ!』は、お休み中。






小旅行最終日

2011-08-17-Wed-06:01
 ドイツでしか買えない物をたくさん買いたいアナキョンジャです、こんにちは。日本でネットで買えるものはもう良いんじゃね?的な。


さて、

zenoyobo

前回の続きです。

ドミニクのおうち3日目の朝は、ツェーノ君とヨボ(チワワ)のツーショットから。ヨボも一応、赤さんに興味があるんですね。

というか私たち、前日にそれぞれ3リットル近くのビールを飲んだにも拘わらず二日酔いにもならず、結構シャキッと起きられたのは、やはり人んちにいるという緊張感からですかね。濃い目のコーヒーが美味しかったですけど。


carotha

ドミニクのもう一人の姪っ子カロータは、この日はバイエルンの民族衣装・ディアンドルを着ていました。かわいいのぅ。しかしこの後暑くなって脱いでしまいました。朝のうちに写真撮っておいて良かったよー。


wasserburg a. inn

この日は、車で20分ちょいのところにあるヴァッサーブルクWasserburg a.Innという小さな街に連れて行ってもらいました。ドミニクやツェーノ君の産まれた病院のある街なんですって。


weissbier

日曜日だったので、見事にお店は閉まっていましたが、その代わりのんびりと中世の町並みを散歩できました。

で、喉が渇いたので適当なカフェに入って白ビール。


hunde

たまに大きい犬に出会ったり。


hund

犬が川で流されていたり。

うそですよ。棒切れを投げてもらって拾うという遊びをしていました。


apfelkuchen

家に戻ってリンゴケーキを頂いたり。


familie

ドミニクの一家。お母さんのクリスタも本当に良い人で、手作りのジャムが美味しかったと言ったらお土産に持たせてくれましたよ。お父さんのヴォルフィは寡黙な人でしたが、やはり大黒柱って感じで存在感がありましたねー。あー、良い家族だった。また会いたいなぁ。


yobo

ヨボは、あまり馴染みのない言葉での会話が続いてちょっとお疲れモードですかね。でもみんなヨボのことを可愛いって言って気にしてくれていたよ。


shasoukara

帰りの電車。世界の車窓から。

私も3日間ドイツ語まみれで、相当鍛えられました。ドイツ語で夢を見るようになったし。ちょっとした合宿のようでした。


marutai

てことで、この日は帰ったらインスタントラーメンでほっと一息つきました。

ドイツに来て2週間近く。ちょっと日本食が恋しく…? そうでもないかな。まだまだドイツ料理を食べたいぞ、と。






◆ヨボのドイツ滞在最新情報はツイッターでitazurajiisanをフォローしましょう

◆副ブログ『ヨボメシ!』は、お休み中。






豪華2本立て

2011-08-16-Tue-05:02
 今日は1歩も外に出ず、ドイツ語も一言もしゃべらなかったアナキョンジャです、こんにちは。のんびりしたー。

さて、

landuhutyobo

前回の続きです。

2日目は、ドミニクの運転で近くの小さな街ランズフートLandshutに連れて行ってもらいました。城壁跡の前を渋い顔して歩くヨボ(チワワ)。この犬はいつも真剣な顔をするよ。


machi

旧市街の辺りは石畳になっていて中世の町並みという印象。思わず「世界ふれあい街歩き」のテーマ曲を口ずさんでしまいます。


kyuuden

レジデンツの中庭。石やレンガで重厚な作り…、


uso

と思いきや、柱の石の模様とか描いてあるだけなんですね。ミュンヘンのレジデンツも確かこんな感じだった。お金が足りなかったんでしょう。


fake

上の窓は本物で、下の窓は描いただけ、偽物です。トリックアートのようでした。


astrid

お昼ごはんは、ドミニクの奥さん・アストリッドおススメのイタリアンレストランでいただきました。まずはプロセッコで乾杯。ほおずきPhysalis越しのアストリッド。まだ授乳中だからお酒飲めないんですよね。あと2週間で離乳食がスタートすると言っていたけど、一緒に飲めるのはもう少し先かな。


zeno

ツェーノ君は何でも口に入れてしまうんですけど、この日のお気に入りは自分の靴でした。アストリッドによれば、歯が生え始めてきて痒いから、皮の感触が良いんじゃないかと。他に、ドミニクの腕時計も食べていたな。


dogstation

食べたら出す。ヨボは今回もドッグステーションの近くでUNKOをしてくれるので助かります。この袋はお土産に少しもらって帰ろう。


hashiruyobo

出したら走る。芝生の上も気持ちよいの。お天気も良くなってきてヨボも楽しそうに見えます。


kaidan

その後、丘の上にある山城を目指して上りました。結構急な坂道だったので、うっかりしゃべりながら上ると息切れが…。ぜぇぜぇ。


pause

栃の木Kastanieの木陰でちょっと休憩。この木はビアガルテンには付き物の木なんですって。ここはビアガルテンではないですけどね。


burg

13世紀に建てられたらしい古城。ドミニクたちとは鎌倉に一緒に行ったことがあるので、鶴岡八幡宮とだいたい同じくらいだね、とか話しながら。


machinami

城から街を見下ろします。頑張って上った甲斐があった。

中を見学するツアーもあったのですが、次の開始までちょっと時間があったのと、ツアーが45分くらいかかるので、ツェーノ君やヨボにもきつかろうということで、外側だけ見て帰ることにしました。うむ、それで良いのだ。どうせ説明を聞いても分からないし。


stau

帰り道、家まであと2分というところで、ビアフェストのパレード列につかまりました。せっかくなので車内から楽しみますか。


bierfest

いやいやパレードだけでなく、もちろんビールも飲みに行きましたよ。ドミニクの家から歩いてすぐのところが会場だったのです。


juli

ドミニクのお姉さん一家も帰省していたので、みんな一緒に。HARIBOのグミが空っぽになって泣いているのは姪っ子のユリ。彼女はいつも何か食べていたなぁ。この後ブレッツェルをもらってゴキゲンになったのでした。ちなみに、今回の旅行で一番好きな写真です 笑


ikemen

その後、ドミニクの幼馴染みたちも合流して、ワイワイ騒ぎました。彼らも東京に来たことがあるそうで、温泉とか居酒屋ネタで盛り上がりました。

なんか、地元の人が集まったり帰省して再会したりする夏祭りって言う感じがほほえましかったです。ミュンヘンのオクトーバーフェストをぐっと小さくした感じで、日本人どころかアジア人も私たち以外居なかったのではないかと思えるくらい。バイエルンではこの後あちこちでこういうビアフェストが開かれるそうですよ。


festyobo

夜はテント(いつもはスケートリンクらしいんですけど)に移動して白ビールを飲むなど。結局、1時過ぎまで飲んでいました。

昼間の遠足と夕方からのビア祭りという2本立てだったので、写真が多くなってしまいました。

あともう1日続きます。




◆ヨボのドイツ滞在最新情報はツイッターでitazurajiisanをフォローしましょう

◆副ブログ『ヨボメシ!』は、お休み中。






友人の家へ

2011-08-16-Tue-00:40
 お酒を配達してもらえるシステムって楽で良いよなー、と思うアナキョンジャです、こんにちは。ドイツにもあるんだろうけど。


さて、

hbf

この週末は、ミュンヘンから1時間ほどの町に住む友だち・ドミニクの家に遊びに行っていました。東駅で乗り換えるときに、行き先を確認。途中で切り離されたりしませんように(←トラウマ)。


bhf

ドミニクの住む町の駅に着きました。みんな普通に線路を渡っています。田舎だなぁ 笑


zenoyobo

ドミニクの家に着くと、生後6ヶ月のツェーノ君が迎えてくれましたよ。ミュンヘンに着いた日に会っているけど、相変わらずかわいいのぅ。ヨボ(チワワ)はこの後ツェーノ君に吠えて、泣かす寸前でしたよ。やれやれ。


yobo

ドミニクの家は1903年に建てられたそうで、とても趣があって、あと、庭にはリンゴやマルメロやヘーゼルナッツなどの木が植わっていて、木陰でのんびり過ごせるなんてホント羨ましい。古い納屋は、ドミニクのアトリエになっていました。あ、ドミニクって彫刻家なんですよ。その作品も見せてもらいましたけど、なかなかアーティストな感じでした。びっくり。


wolfzeno

ドミニクのお父さんヴォルフィとツェーノ君。好々爺ですなぁ。ヴォルフィは日本茶が好きみたいで、よく自分で点てているんだとか。でも抹茶なのかな。よく分からないけれど、日本の茶道や懐石料理の話で盛り上がりました。


bbq

夜ご飯は庭でバーベキュー。ドミニク、一生懸命働いていましたよ。


110815-7.jpg

ドミニクのお母さん作のポテトサラダが美味しかったなぁ。日本のはマヨネーズ味だって言ったら、それは北ドイツのほうのに似てる、って言っていたかな。なんとなく会話が成立していましたよ、ドイツ語で。


kueche

夜になって、急に雨がふってきたので急いで家の中へ。ダイニングでシュナップスをいただきながら夜更けまでいろんな話をしました。豆電球1つの暗い雰囲気の中で家族団らんっていう感じがたまらなかったですねぇ。


続く。





◆ヨボのドイツ滞在最新情報はツイッターでitazurajiisanをフォローしましょう

◆副ブログ『ヨボメシ!』は、お休み中。






ミュンヘンぶらぶら

2011-08-10-Wed-21:44
 朝の気温は10度を少し超えるくらいで、本当に夏なのかと思うほど寒いミュンヘンからこんにちは、アナキョンジャです。ぶるぶる。


さて、

eki

そんなわけで寒い日が続いて、雨もよく降るので、なかなか外で走り回ったりビールをかっくらったりとかできないんですけど、せっかくのドイツ滞在なので、ちまちまと出歩いております。

これは、この前の日曜日、うちの最寄り駅のホームで電車を待っているところです。いつも使う駅より若干近いから良いかなと思ったら、電車の本数が少なくて、結果的に待ち合わせに遅れてしまいました。


weisswurst

待ち合わせたのは、ここウニオンブロイUnion Braeuです。日曜の朝ごはんと言えばここの白ソーセージですよね(←誰に言ってる?)。午前中だけ1本70セントという安いお値段でいただけるので、前回の滞在時からすっかり気に入ってしまっているのでした。


weissbier

白ソーセージにはもちろん白ビール。寒くっても雨が降っていても飲んじゃえばハッピー。晴れていれば中庭でいただけたんですけど、それはまたの機会に~。

この後、ドイツ博物館に行ってみましたが、雨で他に行くところのない親子連れでにぎわっていたので、私たちは諦めて帰りました。


kartoffelmuseum

ところ変わってここは、ジャガイモ博物館です。古い絵画とかにはホント興味のない私ですが、ここはなんとなく行ってみたくて、ヨボ(チワワ)を連れて行ってみました。


abc

中にはジャガイモ関連の展示物がたくさんありましたよ。これはジャガイモのアルファベット表だそうです。芽を使って文字を表しているんですね。


handsahne

お土産にはもちろんジャガイモを使ったハンドクリームを。思ったよりさわやかな香りでしっとりしていました。ここでしか買えないそうですよ。


rathaus

その後マリエン広場に移動してみましたが、生憎の曇り空。というかときどき雨が降ってくるんですよね。新市庁舎はまた天気の良いときに写真撮りますか。


butayobo

でも歩いているうちに晴れてきたので、広場に隣接するビクトアリエンマルクトをぶらぶら。豚肉の頭とか手とかがごろごろ並ぶショーウィンドウとヨボ。


ekiyobo

ベーコンやオリーブなどを買って地元の駅に戻ります。電車を待っている間、ヨボをベンチに置いたらじっと私を見て視線を離しません。ドイツに来て1週間だけど、まだやっぱり不安なんですかね。

明日辺りから温かくなって天気も良くなるそうなので、少し遠出をしようかな、と。

「温かく」って、8月なのに…笑






◆ヨボのドイツ滞在最新情報はツイッターでitazurajiisanをフォローしましょう

◆副ブログ『ヨボメシ!』は、お休み中。






HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。