FC2ブログ

いたずらじいさん、今日も行く

♪オレはチワワのヨボなのさ~/散歩とごはんが大好きで~/お風呂と留守番キライだよ♪♪  「ヨボのテーマ」、みんなで歌ってね!

養老渓谷と冬キャンプ

2010-12-06-Mon-17:29
 ブログを書こうと思ってメモ帳を開いたら、書きかけのまま完成されなかった下書きが2つばかり出てきて、月日の経つのは早いなぁと思ったアナキョンジャです、こんにちは。もう1ヶ月も放置していたんですね。


さて、

chiba-yobo1

この週末のこと。

ヨボ(チワワ)が家の者に「はっし!」としがみつきながら眺めているものは…


yoro-keikoku1

千葉県にある養老渓谷の養老の滝です。正しくは粟又の滝って言うらしいですね。前日の大雨で増水していたんでしょうか、それとも普段からこうなのでしょうか、とにかく川の流れが速くて音も大きくて迫力がありました。


yoro-keikoku2

下の遊歩道から見ると、こんな感じ。なんかもっとまっすぐに落ちる滝を想像していました。


yoro-keikoku3

紅葉のシーズンだしお天気も良かったので、カメラをぶら下げた人がたくさん訪れていましたよ。遊歩道の途中にあるいくつかの滝の前では渋滞ができるほど。


chiba-yobo2

これは万代(ばんだい)の滝だったかな。マイナスイオン~って、本当かどうかは分かりませんけど、水の流れるところに居るとなんだか気分が良くなりますね。


yoro-keikoku4

良いお天気。ヨボは本当に高気圧ボーイです。ボーイって歳じゃないけど。


yoro-keikoku5

そんなヨボは、歩くときは相変わらず険しい顔をしています。だけど、すれ違う人からは「かわいい」とか「女の子みたいな優しい顔をしている」とか言われていました。

「これでも精一杯険しい顔をしているんだけどな」

基本、タレ目だからね。


chiba-yobo

これは「昇龍の滝」だったかな。お決まりのポーズ。


eis

1時間半ほどの散策を終えて、喉が渇いたのでソフトクリームをヨボに見せびらかしつつぺろり。


yoro-keikoku6

ちなみに、こんな渋い入り口から遊歩道に降りていったのでした。夕暮れ時だったら、ちょっとビビるな…。


chiba-yobo

はてさて、この日の宿泊は、養老渓谷から車で少し行ったところにある、久留里のイレブンオートキャンプパークというキャンプ場です。


camp

今回、初めてスクリーンタープという新アイテムを導入してみました。2人で5分もあれば組み立てられましたよ。


nabe

しかし、思ったより寒かったので、さっさと車の中に避難。鍋をつついて温まりました。

と言いたいところですが、ヒーターがうまく作動しなくて、夜は本当に寒かった。たくさん着こんでシュラフに包まっていれば、体は温かいのですけど、出てる顔や耳が冷たくて冷たくて…。ヨボは私のシュラフから1歩も出ようとしませんでしたよ。


tessyu

で、翌日には撤収。

寒いとあまり写真を撮ろうという気にならないものですね。ヨボがパンくずを拾ったりして掃除のお手伝いをしてくれているところくらいしか撮っていませんでした。


gomokuagesoba

温泉に入って、駅前の喜楽飯店という中華料理屋さんでお昼ご飯。これがまた美味しい!

久留里は近いので、うちからノンストップで行けるところが良いと思いました。お昼を食べてから帰路についても、夕方にはうちに到着できるので、その日に片付けもだいたいできちゃうし。早くまた次のキャンプに行きたいなー。





◆ツイッターもやってるよ@itazurajiisanをフォロミー!

◆副ブログ『ヨボメシ!』は、お休み中。


鎌倉に行った

2010-09-16-Thu-21:10
 
kamakura-yobo1

「イヤじゃ、イヤじゃー!」


kamakura-yobo2

「海なんてイヤじゃー!」


kamakura-yobo3

「そこのドイツのフラウよ、写真なんか撮ってないで、オレのことを助けておくれ」


kamakura-yobo4

「てことで、この前の土曜日、ドイツから来日したカップルを鎌倉に連れて行ってきたよ。昨年ドイツでいの字がお世話になった人なんだって。アナは久しぶりのドイツ語でいっぱいいっぱいだったけど楽しそうだったよ」


kamakura-yobo5

「オレは日本語とスペイン語しか分からないので、英語とドイツ語の会話はスルー。長谷のカフェで一足お先におやすみなさい。人は犬語を勉強したら良いと思うぞ。むにゃ」




◆ツイッターもやってるよ@itazurajiisanをフォロミー!

◆副ブログ『ヨボメシ!』

ウサギとチワワと江ノ島と

2010-08-06-Fri-15:40
 ○○なアナキョンジャです、こんにちは。っていうのがそろそろ飽きてきたアナキョンジャです、こんにちは。結構長いことやってますよね。


さて、

yobo_usagi1

「むしゃむしゃ、むしゃむしゃ」

クレソンを食べるヨボ(チワワ)。

奥では、ヨボにクレソンをあげたい人の列ができています。


yobo_usagi2

「ちょっとー! クレソンばっか、そんなに食べたら上あごに貼り付いてむせちゃうじゃないかー!」

先日のことですが、家の者の上司のジョウさんのお宅へ遊びに行ってきました。「の」が多いな。

昨年ベルリン旅行をしたときにお世話になった作家の那須田淳さんご一家が一時帰国されていて、一緒にヨットに乗りましょう、ということになっていたのですが、朝から生憎の雨で、急きょ、上司のジョウさんのお宅で集まることになったのです。

ヨボは、那須田さんちの娘さんたちと、上司のジョウさんの娘さんからのクレソン攻めに遭っていたんですねー。 


yobo_usagi3

「つーかオレ、うさぎじゃないし!」

ん。そうだったっけ。


じゃ、はい、うさぎ。

kurumi und yobo

「オヨヨ?」

そう、上司のジョウさんちには、うさぎ(種類は忘れた)のくるみちゃんが居るのです!


kurumi

くーちゃん、かわいいー。ふわふわー。走っても静かー。


kurumi2

上司のジョウさんちで宴会をすることになったとき、ジョウさんの一番の気がかりはヨボがくるみちゃんを食べちゃわないか、ということだったそうです。「チワワって元はなに?」という質問に、家の者は「愛玩犬ですよ」と答えて安心させたとか。よかったね、ヨボ、カニヘンダックスとかじゃなくて。元は狼だけど。


yobo und kurumi3

最初オヨオヨしていたヨボですが、犬とも人とも違う匂いが気になって、だんだんゲージに近づくように。


yobo und kurumi4

最接近。

くるみちゃんも、ジョウさんの娘さん曰く「そんなに怖がってない」ということでしたし、私から見ると、むしろヨボのほうが負けてるんじゃないか、と思えるほど、くるみちゃんが落ち着いていたので安心しました。


kurumi

でも、くるみちゃんがヨボの目の前を走り抜けながらUNKOをしていったときには、ヨボはなぜか怒っていましたよ。バカにされたと思ったんですかね。

く「アタシ、知らない」

くるみちゃん、お騒がせしましたー。


enoshima

そんなくるみちゃんに別れを告げて、一行は江ノ電に乗って江ノ島へ。江ノ電に乗るのも、江ノ島に行くのも久しぶりなので、私は密かにテンションが上がっていましたよ。


mio

那須田さんちの娘さん2人も、ヨボと歩けるのが嬉しかった様子。2人は、昨年ヨボに会ってから、絶対にチワワを飼うんだ!という気持ちになっていて、その実現のためにはいろいろな条件をクリアしなければいけないそうなのですよね。がんばって難問をクリアして、次に会うときにはチワワご対面しようね。


atari

最後は、鎌倉にあるどんぶりカフェというお店で晩ご飯。

おつまみもどんぶりも美味しかったですけど、食べ終わったあとのどんぶりに「アタリ」が出たら、どんぶり勘定でお会計をしてくれるという粋な計らいが気に入っちゃいました。

ヨットに乗せて上げられなかったのは残念でしたけど、代わりにくるみちゃんにも会えたし、江ノ島にも行けたし、いっぱい楽しかったので良かったですと思いました(絵日記風)。





◆ツイッターもやってるよ@itazurajiisanをフォロミー!

◆副ブログ『ヨボメシ!』

RREVHOME NEXT